• ホーム
  • ジェネリック品のバリフは本当に効くの?

ジェネリック品のバリフは本当に効くの?

嬉しく笑っているカップル

ED治療薬としては手軽な値段で購入しやすいと評判のバリフですが、これはドイツのバイエル薬品が製造・販売している先行医薬品をもとにしたジェネリック品という扱いになっています。
ジェネリック品というのは、特許が切れた医薬品の製法や成分を活用して製造した、同じ効能をもつ医薬品のことですが、バリフがつくられた当時のインドの法律では、製法さえ違えば同じ成分をもつものであっても特許にかからずに製造できたという事情があります。
いずれにしても、新薬開発にかかる億単位の費用や手間が先発品よりも省けている分だけ、ジェネリック品のほうが安価になっていることは疑いがありません。

バリフはたしかにジェネリック品であり、本当に効き目が得られるか不安になる向きもありますが、こうしたインドの特殊事情によって、成分そのものも先行医薬品と同様のものを用いているため、先行医薬品とほとんど同様の効果が期待できます。
そのバリフの服用方法ですが、標準的な量としては、有効成分10ミリグラムを1日1回に限り飲むこととされており、もし効き目が充分ではない場合については、副作用などに注意しながら20ミリグラムまでは増やすことが可能とされています。

バリフは性行為をするよりも1時間ほど前までに服用すれば、有効成分が胃の中で溶けて血中に吸収されるので、いざというときに効果が発揮されるものとされています。
1時間というのは目安ですので、人によっては20分や30分程度でも充分に効果が出る場合もあるようです。
ただし、高齢者がこのバリフを飲む場合については、身体的な影響を考慮して、5ミリグラムからはじめるのがよく、もし増量するのであれば、一般の人と同じ10ミリグラムまでが適量とされています。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ